愛荘町 T様邸

外観は黒、内装は無垢(ヒノキ)

将来的な計画として子供は巣立つものとして、1Fに寝室2Fに子供部屋の配置で平屋風に見えるよう設計。外観は、黒の木目と丸窓が印象的な外観の仕上げとなりました。

いずれ二人に戻る将来を考えて

当初実家のリフォームで夫婦ともに検討されていたT様ご夫妻でした。
リフォームの提案を受けたいと来場され図面を確認し、現場視察させていただきましたが、
フルリフォームであること、築50年程度の家であったことから費用面において新築費用と差があまりないことと。
リフォームでの制限部分(柱位置)も考慮し、土台、家の骨組み施主の年齢的な部分から新築での計画に変更。
将来的な計画として子供は巣立つものとして、1Fに寝室2Fに子供部屋の配置で平屋風に見える。外観は、黒の木目と丸窓が印象的な外観の仕上げとなりました。

 

▼リビング吹き抜けのお写真

内装についても1Fは床天井ともに無垢で仕上げたため、色のトーンから天井が低く感じることもあり、リビング一部吹き抜けの提案もさせていただきました。この吹き抜けを利用し2F子供部屋にも声を届けることができること解放感のアップがメリットです。

▼たたみコーナーのお写真

+@として大きなテレビ設置されることも聞いており、子育て世代であることから、吹き抜けの下に小上がりのタタミコーナーをソファ代わりに利用できるようにしています。タタミコーナーも3帖分とることで大人子供とわず昼寝もできるスペースとなっています。

▼ リビングのお写真

ソファーを置かないことでリビングが広くなり子供の遊び場としての利用も可能です水回りにおいては1歩でも家事動線を減らせる配慮、玄関からすぐに洗面室に行けるように配置しています。

▼ギャラリー